部活動運営方針

令和元年度 萩市立須佐中学校 部活動運営方針

1 ねらい
(1) 異年齢集団での交流を通して、生徒同士および生徒と教職員等の好ましい人間
関係の構築を図る。
(2) 学習意欲の向上や自己肯定感、責任感、連帯感の涵養等を図る。
(3) 興味・関心を同じくする異年齢集団における活動を通して、リーダー性、協調
性等の社会性を育む。
(4) 生涯にわたって運動文化に親しむ態度やその基礎を養う。

2 内容
(1) 運営について
① 顧問、学級担任、保護者等が連携し、円滑な運営を心がける。
② 校内に部活動担当教員を配置し、必要に応じて部活動顧問会議等を実施し、部活動
運営における意志の疎通に努める。
③ 定期的にキャプテン(部長)会議、部活集会等を開催し、努力目標の共有化・
意識化を図る。
④ 部活動懇談会を開催し、保護者と顧問による円滑な運営について共通理解を図る。
(2) 活動について
① 各部の活動方針、活動計画等に沿って、計画的に活動する。
② 活動計画は、概ね翌月が始まる1週間前までに作成し、生徒及び保護者等に配付
する。
③ 施設・設備の点検及び整頓・清掃、校舎の施錠等は顧問が責任をもって行う。
④ 原則、顧問がついて指導にあたる。(会議や出張等で不在の場合は、他の教員等
に代理を依頼する等、責任の所在をはっきりさせる)
⑤ 1日の活動時間は、平日で2時間程度、休日は3時間程度とし、合理的でかつ効
率的・効果的な活動を行う。
(3) 休養日について
① 原則、平日の1日、週休日どちらか1日を部活の休養日とする。GWや長期休業も
同じとする。
② 日曜日が大会の際には、土曜日の活動は差し支えないが、休養日は他の日に振り
替える。
(趣旨をふまえ、できるだけ早い日に振り替える。)
③ 学校閉庁日及び年末年始は原則休養期間とする。
(4) 安全管理と事故防止
① 活動場所における施設・設備の点検は活動前後に的確に行う。
② 生徒の健康観察を行い、体調が優れない生徒には活動を制限するか休ませる等配
慮し、場合によっては病院への搬送等、適切な対応を行う。
③ 既往症のある生徒の健康状態については、担任や養護教諭との連携を密にし、医
師の指示に従うなど状態の把握に努める。
④ 気象急変時(急な大雨、竜巻、雷等)の安全確保や適切な生徒引率(公共交通機
関の利用等)に留意する。
⑤ 暑さ指数を参考にしながら、活動時の暑熱環境や気象条件に注意し、適切な水分
補給や健康観察を行い、熱中症事故の防止に十分留意する。