松陰神社の大絵馬制作

松陰神社の大鳥居をくぐった先にある大絵馬の制作をしました。
松陰先生と来年の干支,子年生まれの久坂玄瑞を描きました。また,須佐ホルンフェルスの畳岩,男命いかにキジハタ,そして弥富の畳ヶ淵の柱状節理を久坂玄瑞の胴に盛り込み,須佐色満載の絵馬ができあがりました。
3年生女子がデザイン,下絵を担当し,生徒全員が下塗り,色塗りを分担し,全校生徒47名で仕上げました。
12月1日に報道発表がありました。
近くに行かれましたら,是非ご覧ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク