これは何?

 理科室の前の花壇のそばに、こんなものが建っているのをご存じですか?

 初めて見たときは、外灯かなと思いましたが、夜になっても点灯しません。
これは、GPS衛星の信号を受け取る電子基準点です。国土地理院の方が機器の点検にいらっしゃったので、理科の授業だった2年生がお話を伺いました。
 全国に約1,300点、約20km間隔で設置されています。24時間連続で観測しており、常時接続回線を通じて、リアルタイムで国土地理院測地観測センター(茨城県つくば市)に受信データが送られます。そこで解析され、日本列島の地殻変動が捉えられます。
 この電子基準点についてのお話だけでなく、国土地理院の役割についても教えていただきました。私たちが地図帳で目にする地図の作成だけでなく、災害の遺構なども調査して、後世に残していくのも役割の1つだそうです。
 いつも目にしているこの装置の仕組や役割を知ることができました。
地図上では、こんな記号で示してあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク